高校生×クラフトティー 新お茶スイーツ開発大作戦

川根高校生6人とクラフトティーの方々が協力し、過疎化が進み人口減少にある川根本町を消滅させたくないという思いで川根本町名産の川根茶を使った新お茶スイーツを開発することになりました。

開発者の思い

私たちは川根高校の県内留学制度を使って川根本町に留学してきました。川根本町の方々にはたくさん支えていただき、これまで充実した生活を送る事ができました。そこで川根本町に私たちが何か恩返しができないかと考えました。

最初に私は、川根本町に何があるかを考えました。それで思いついたのが、お茶、茶畑、ゆず、自然です。その中で私は茶畑に目をつけました。理由は、私たちの町には茶畑が多くあるイメージが私の中では強く残ったからです。そこからスイーツ×茶畑で考えました。そして、形が似ている点からロールケーキを思いつきました。このロールケーキを見て、食べて私たちの町に少しでも興味を持ってほしいと言う思いで考えました。

対面授業(新谷さん・佐々木さん)

一人一人が商品を考え、全体で共有しました。そして、よかったものを全員で改善し、2つのグループに分かれて、パフェとロールケーキのふたつのスイーツを開発しました。

 

高梨さんと個別ミーティング

そして、僕たちのグループはロールケーキの開発担当になりました。

 

商品イメージ(ラフスケッチ)

これが私たちが考えたロールケーキの最初の設計図です。これは茶畑をイメージして考えられています。

 

私たちが考えたアイデアが商品開発のプロたちにより、どのように実現されるか楽しみで仕方がありません!

 

次回、新商品発表!それに重大発表をお伝えします!

 

 

他の川根高校生が書いた記事も読んでみる

この記事に関する
お問い合わせ先
観光商工課 商工交流室

〒428-0411 静岡県榛原郡川根本町千頭1183-1
電話番号:0547-58-7077
ファクス番号:0547-59-3116

お問い合わせはこちらから