選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です

川根本町ホームページへようこそ!

お問い合わせ
サイトマップ
トップページ町の紹介河川・ダム・湧水・温泉保養地

町の紹介

河川・ダム・湧水・温泉保養地

河川

町内には一級河川の大井川があり、穿入蛇行や河岸段丘など、特徴的な地形が見られます。
大井川はその昔、筏流しや水運、漁業など町民生活と密接な関わりがありましたが、現在ではその関わりが薄らいでおり、水量の減少や水の濁りなどの問題も指摘されています。
「水の郷百選」や「静岡県のみずべ100選」などに選定されています。
 町内の河川には、一級河川の大井川や準用河川・普通河川などがあります。
 本町の中央を二分する形で南北に流れている大井川は、静岡県・長野県・山梨県の県境にある間ノ岳(標高3,189m)を源とし、駿河湾に注ぐ河川延長168km、流域面積1,280 km2の一級河川です。大井川は、山間部でも流路が曲流している「穿入蛇行」という地形が見られ、安倍川や天竜川には見られない、大井川の特徴のひとつになっています。この地形は、赤石山地の著しい隆起のため、河川の流路に地質構造が関与してできたものです。また、河岸段丘がよく発達する河川でもあり、段丘面に多くの集落が形成されています。
 大井川はその昔、筏流しや水運、漁業など町民生活と密接な関わりがありましたが、ダムの建設や交通網の整備、ライフスタイルの変化により、現在ではその関わりが薄らいでおり、水量の減少や水の濁りなどの問題も指摘されています。
 また、川に関する百選認定として、「水の郷百選(水と緑の文化をはぐくむ)」(国土交通省)や「静岡県のみずべ100選」にも選ばれています。

一級河川・準用河川一覧
種別 河川数 河川名
一級河川 16 大井川、川根境川、下泉河内川、中津川、川根長尾川、水川川、榛原川、小長井河内川、寸又川、関ノ沢川、横沢川、栗代川、大間川、平野沢、湯沢、奥湯沢
準用河川 21 サワガレ沢川、杉沢川、桃沢川、田原沢川、柿間沢川、神谷沢川、ホンタリ沢川、ミコノ上沢川、清水沢川、坂京河内川、三ツ野沢川、神光寺沢川、筒沢川、椿沢川、沢奥沢川、門前川、大間沢川、本沢川、幡住川、幡住川派川、島沢川
【資料:静岡県河川指定調書(平成20年4月1日現在)】
注)町内に二級河川はない。

一級河川の河川延長・流域面積
水系名:大井川
支川名 河川延長
(m)
流域面積(km²)
第1次 第2次 第3次 支川流域 自己流域
大井川     168,290 778.99 501.01 1,280.00
川根境川     3,000   13.14 13.14
下泉河内川     1,800   17.20 17,20
中津川     700   3.64 3.64
川根長尾川     2,000   16.99 16,99
水川川     1,100   6.75 6.75
榛原川     1,000   24.33 24.33
小長井河内川     3,200   14.09 14.09
寸又川     16,570 90.57 162.94 253.51
横沢川   2,200   9.01 9.01
栗代川   4,500   28.37 28.37
大間川   4,400 3.39 47.18 50.57
  湯沢 300   1.19 1.19
奥湯沢 300   2.20 2.20
平野沢   300   2.62 2.62
関ノ沢川     3,000   28.67 28.67
【資料:静岡県の河川便覧】
本町の河川に関する百選認定状況
項目 選定地点 概要
水の郷百選(水と緑の文化をはぐくむ)
(国土交通省)
「川霧沸き立つグリーンゾーン・かわね郷」
(川根本町・島田市)
大井川に清流を復活させるなど、河川環境の保全に積極的に取り組んでいる。大井川の川霧による高品質のお茶の生産も盛んであり、「流したい」などの伝統行事も伝承・保存されている。
静岡県のみずべ100選(静岡県) 大井川・塩郷堰堤付近 塩郷堰堤の付近には、長さ220mの大吊橋や松島グリーンコースと呼ばれるハイキングコースなどがあり、川の景色を堪能できる。
大井川・レインボーブリッジ付近 日本唯一のアプト式鉄道の奥大井湖上駅両側にあるレインボーブリッジ。眼下に広がる眺めは素晴らしく、大井川水系の独特の緑色の水とともに美しい水辺を形成。
寸又川・夢の吊り橋付近 寸又川を代表する夢の吊り橋は、美しい渓谷に架けられた90mの吊橋。水に映る景色は季節ごとに趣を変え、大自然の魅力をありのままに伝えてくれる。
【資料:水の郷百選、静岡県のみずべ100選】

ダム

長島ダム
長島ダム
町内には長島ダム、大井川ダム、千頭ダム、大間ダム、寸又川ダム、境川ダムの6つのダムがあります。
河川流量の減少や河床の上昇、ダム湖への堆積土砂、流出土砂の減少による海岸浸食などが大きな問題となっています。
 本町には、主要なダムとして長島ダム、大井川ダム、千頭ダム、大間ダム、寸又川ダム、境川ダムの6つのダムがあります。長島ダムは多目的ダムで、洪水調節、流水の機能の維持、かんがい、水道用水の供給を目的としています。長島ダム以外は発電を目的にしたダムです。
 なお、久野脇にある塩郷堰堤は、堤高3.2mの水力発電用取水ダムであり、一般的には「塩郷ダム」と呼ばれていますが、河川法上におけるダムの定義である15.0mに満たないため、堰として扱われています。
 これらのダムは、発電や洪水調節など、私たちに多くの恩恵を与えていると同時に、河川流量の減少や河床の上昇、ダム湖への堆積土砂、流出土砂の減少による海岸浸食などが大きな問題となっています。

町内のダム一覧
河川名 ダム名 形式 目的 堤高
(m)
堤頂長
(m)
流域面積
(km²)
総貯水容量
(km³)
竣立年
大井川 長島ダム 重力式 多目的 112.0 292.0 534.3 78,000 2002年
大井川ダム 重力式 発電 33.5 65.8 537.0 503 1936年
寸又川 千頭ダム 重力式 発電 64.0 177.7 132.0 4,950 1935年
大間ダム 重力式 発電 46.1 106.9 201.6 1,519 1938年
寸又川ダム 重力式 発電 34.9 58.8 240.9 987 1936年
境川 境川ダム 重力式 発電 34.2 83.8 11.96 1,173 1943年
【資料:静岡県の河川便覧】
注)長島ダムは、洪水調節、不特定用水、かんがい、上水などを目的とした多目的ダムである。

湧水

ときどんの池
ときどんの池
昔より湧水量が減少している湧水が多いですが、「ときどんの池」や「小長井の湧水」では今も通年で湧水があります。
 「静岡県のわき水マップ(湧水レッドデータ)」によると、本町では8箇所の湧水がリストアップされており、そのうちの6箇所では消滅危惧レベル4(昔はもっと多かった)となっています。このうち、徳山の「ときどんの池」では、ボランティアグループによって水辺の整備・保全が行われています。また、「小長井の湧水」は昔から地元の生活水として使われ、今も洗い場跡が残っています。かつては周辺にも湧水がたくさんありましたが、安定して残っている場所は少なくなってしまいました。

町内の湧水とその消滅危惧レベル
消滅危惧レベル(レベル1〜5) 名称・通称
レベル2
(通年で湧水が見られる)
たいざ川(ときどんの池)、千頭2(小長井の湧水)
レベル4
(昔はもっと多かった)
水川1、田野口1、梅地1、奥泉、千頭1、井の上清水
【資料:静岡県のわき水マップ(湧水レッドデータ)、静岡県の湧き水100】
注)消滅危惧レベル
1:通年で多量の湧水
2:通年で湧水が見られる
3:季節で減る時季がある
4:昔はもっと多かった
5:現在は枯渇している

温泉保養地

寸又峡温泉
寸又峡温泉
町内には、接岨峡温泉、寸又峡温泉、千頭温泉、白沢温泉の4つの温泉保養地があります。
 温泉は「火山性の温泉」と「非火山性の温泉」に大別できますが、本町の温泉は周辺に火山がないため「非火山性温泉」と考えられます。地下では一般的に100m毎に約3℃地温が上昇するといわれています。例えば、地表の温度が15℃の時、地下1,000mの地温は45℃となります。降水が地中にしみ込んで地下水となり、この地下水が地熱を熱源として温められ、断層などの地下構造や人工的なボーリングなどによって地表に湧き出してきたものが、非火山性温泉です。本町の温泉もこのようなメカニズムで形成されているものと考えられます。

町内の温泉保養地とその特性
名称 特性
接岨峡温泉 泉質は重炭酸ナトリウム泉で皮膚の分泌を促進し、清浄にすることから「若返りの秘泉」と呼ばれている。
寸又峡温泉 泉質は硫化水素系・単純硫黄泉で、湯上がりの肌のつるつるすべすべとした感じが特徴。その効用から「美女づくりの湯」として知られている。
千頭温泉 平成9年に源泉が湧出した新しい温泉で千頭駅周辺の旅館に引湯されている。泉質は単純温泉。
白沢温泉 ナトリウム炭酸水素塩泉(重曹泉)で、神経痛・慢性消化器病・冷え性・疲労回復・健康増進・やけど等に良いとされている。
【資料:川根本町まちづくり観光協会 ほか】

河川・ダム・湧水・温泉位置図
河川・ダム・湧水・温泉位置図

【資料:静岡県の河川便覧、静岡県のわき水マップ、静岡県の湧き水100 など】
ページトップに戻る
川根本町TOP | 暮らしのお役立ち | 観光情報 | お知らせ | 町の紹介 | 役場の紹介 | 川根本町議会
  • サイトマップ
  • リンク集
  • お問い合わせ
川根本町役場 [本庁舎]
地図
〒428-0313
榛原郡川根本町上長尾627
電話:0547-56-1111
[開庁時間] 8時15分〜17時00分
川根本町役場 [総合支所]
地図
〒428-0411
榛原郡川根本町千頭1183-1
電話:0547-59-3111
[開庁時間] 8時15分〜17時00分