ノロウイルス食中毒にご注意ください

冬季はノロウイルスが大流行しやすいので、しっかり予防に努めましょう。

ノロウイルスは食品中では増えず、人の腸管内で増えます。感染すると、吐物やふん便中にウイルスが排泄されるので、次の事項に注意が必要です。

  1. 食品への二次汚染を防ぐため、調理前、トイレの後は石鹸でよく手を洗い、ウイルスを洗い流す。特に、下痢や嘔吐の症状がある時、オムツ交換を行った後は、手が汚染されている危険性が高いので、しっかりと手を洗う。
  2. 加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱調理する(85℃以上で1分間以上の加熱)。特に、カキなどの二枚貝の調理時に注意する(85~90℃で少なくとも90秒間の加熱)。
  3. 下痢や嘔吐などの症状がある場合は、食品を直接取り扱う作業を控える。

問い合わせ先

県中部保健所衛生薬務課  電話番号 054-644-9283

この記事に関する
お問い合わせ先
健康福祉課 健康づくり室

〒428-0313 静岡県榛原郡川根本町上長尾627
電話番号:0547-56-2224
ファクス番号:0547-56-1117

お問い合わせはこちらから